子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

子供の虫歯予防にキシリトールガムは効果あるのか?

      2015/11/04

 

キシリトールガムは歯に良いってイメージはあるんだけど・・・

子供の虫歯予防にはどの程度の効果があるの?

xylitol

キシリトールガムの虫歯予防効果

キシリトールとは白樺や樫の木などに含まれる成分を元にして

作られた天然の甘味料の事です。


その成分を配合したキシリトールガムは一体

どのような虫歯予防効果を持っているのでしょうか?

【スポンサーリンク】


・ 虫歯菌を減らす。

虫歯菌は糖質を栄養とします。

でも、キシリトールの甘さは糖質とは違いますので、

虫歯菌の栄養になりません。

 

その結果、虫歯菌が栄養不足になり徐々に弱っていきます。

*ただし、キシリトールで虫歯菌を殺すことは出来ません。

 

・歯にくっついた食べかすなどを取る事が出来る。

歯と歯の間につまった食べかすなどがガムにくっついて取れたりする事もあります。

食べてすぐに歯磨きをするとはかぎりませんから、歯に着いた食べかすが取れるという効果も多少期待できます。

まぁこれに関しては、おまけみたいなものですけどね。

実際にキシリトールガムだからという意味での効果に関しては以下からになります。

 

・唾液の力で歯の再石灰化を促進する。

虫歯菌は、酸を作り出して歯を溶かします。

それで歯が溶けていくことを脱灰と言うのですが、

この脱灰が進行すると虫歯になります。


唾液には酸を中和する力があり、そして脱灰した歯を再生する力をも

持っています。

それを再石灰化といいます。


ガムを噛むと唾液が出ますよね?


唾液が増えれば、酸を中和して歯の再石灰化を促進する事ができます。


それじゃ、ガムなら何でも良いんじゃないの?

そう思った方もいるかもしれません。

 

でも、キシリトールガムじゃないとあまり意味がありません。

 

普通のガムには糖類が入っています。


糖質は虫歯菌の栄養になると先ほど書きましたよね?


唾液を増やしても、糖質が入っていたら意味がないのです。


だから、キシリトールガムが虫歯予防に効果的なのです。

【スポンサーリンク】

キシリトールガムを選ぶ際の注意点

パッケージに成分表ってありますよね。

コレを見てほしいんです。

 

キシリトールガムとして売り出していても、


糖類が入っているガムも少なくありません。


キシリトール入りガムでも糖類が入っていては無意味とまでは言いませんが、

なんか・・・惜しいですよね。


糖質は虫歯菌の栄養素ですからね。

虫歯予防を考えるのであれば糖類0gと書いてあるガム

これを選ぶことをお薦めします。

 

また、キシリトールの含有率は50%以上あるのが望ましいです。

 

キシリトール自体が高価なので、メーカーとしても

コストを抑える為に含有率の低くしている商品が多いので


注意して見てみて下さい。


一応、勘違いしないようにして欲しいのですが、

キシリトールガムで虫歯を治す事は出来ません。


あくまでも、虫歯予防に効果があるという事です。

 

また、胃腸の弱い方やお子さんの場合だと

キシリトールの取り過ぎによってお腹の調子が悪くなる事もありますので、

それも頭に入れておいて下さい。

【スポンサーリンク】

 - キシリトール