子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

歯磨きを食後すぐのタイミングでするのはNG!【これは嘘?】

   

歯磨きをする正しいタイミングとは?


あなたは、歯磨きをするタイミングをご存知ですか?

歯磨きのタイミング


「食べたらすぐに歯磨きをしないと虫歯になるからすぐしなさい!」


そうやってお子さんに歯磨きをさせていたりしませんか?


でも、食後30分以内は歯磨きをしない方が良い!


実は、そのような話もあります。

【スポンサーリンク】


歯磨きを食後すぐにしてはいけない理由

食後すぐは食べ物に含まれる酸によって唾液の中和が起きる為、

歯表面を強化しているエナメル質が一時的に柔らかくなってしまうという事。


だからそのタイミングで歯磨きをすると、柔らかくなったエナメル質を削り落としてしまいます。

エナメル質は歯の表面を守っている物質ですから、コレを削ってしまうという事は

歯が弱くなってしまうという事になります。

柔らかくなったエナメル質が再び硬くなるのには30分程度かかる事から

【歯磨きは食後30分を越えてからした方が良い】

こういった説が出てきました。


以前は色々なテレビ番組でこの話が取り上げられたので、

もしかするとあなたも聞いたことがあるかもしれません。

ですが!


コレに関して異を唱えた方々が出てきました。


日本小児歯科学会です。
以下引用になります。


最近になって、食後すぐに歯をみがくと、あたかも歯が溶けてしまうというような報道が新聞やテレビで伝えられたため、

現場がやや混乱しているようです。

これらの報道のもととなったのは、実験的に酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、

口の中にもどしてその後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、

むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。

実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく

酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。

したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、

さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、

すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。

つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。


このような見解を公式ホームページで公開しています。

そして、子供の虫歯予防の為の歯磨きの目的について

歯磨きの目的は歯垢の除去と虫歯菌のエサになる糖質の排除です。

といった事も書いています。


つまり、歯磨きは食後出来るだけ早めにして

歯垢とその中にある糖質を落として上げる事が重要だという事です。


あなたがお子さんに食後すぐに歯磨きをさせているのであれば

それで良いという事になりますね^^

【スポンサーリンク】

 - 歯磨きの仕方