子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

【学校の歯科検診】検査結果Cなどの記号の意味は?

   

歯科検診の記号の意味は?

子供の学校の歯科検診の結果は
比較的分かりやすく書いてありますが、
健診結果の紙を渡されても

・・・正直よく分からないw

そんな部分もあるかと思います。


検診結果の記号の意味を知っていると

お子さんの歯の状態を
よく理解する事が出来ます。


歯の状態を理解する事によって
今後の虫歯対策もしやすくなるので
知っておいた方が良いですよね。

・歯の番号

歯の番号についてですが、

乳歯の場合は前から奥にむかってABCDEという番号です。

左右上下でABCDEが4組あります。

永久歯の場合は乳歯と同様に

前から12345678という番号になります。

ただ、8番は親知らずなので子供の場合は無いはずです。

 

歯の検査結果【C】とは

【C】虫歯がある記号

お子さんの検診結果の場合

虫歯がある時は

「虫歯がある」と書いてあると思います。


記号で言うとCが虫歯です。


学校の検診では書いてないかもしれませんが

参考までにCには C1、 C2、 C3、 C4 まであります。


数字が上がる程、酷い虫歯という表示になります。


・C1

虫歯の初期段階です。

治療が必要になりますが、虫歯を削り詰め物をして

1回で治療が完了するレベルです。

・C2

冷たい飲み物を飲んだ時などに歯に違和感を感じるぐらいの段階です。

それほどの痛みは無く治療ができて、2回程度の治療で完了するレベルです。


・C3

痛みを感じる虫歯です。

虫歯が神経に届いているので、神経を抜く治療が必要です。

神経を抜いて、様子を見ながら消毒して、

最終的に「かぶせもの」を装着するので計6回ぐらいの治療が必要になります。


大きな痛みと長い治療期間がかかるレベルです。

 


先延ばしにすると、より大きな痛みが伴い
期間も長くかかるので出来るだけ早めに治療する事をお薦めします。


それ以上悪化すると歯を残せない状態になる可能性が
高くなってくるので注意して下さい。

 

・C4

歯を残せないぐらいの虫歯です。


基本的に歯を残すことが不可能なレベルですが

状況によっては残せる治療ができる可能性もあるので

出来るだけ早めに歯医者さんに行くことをお薦めします。

 

・【CO】虫歯になりかけている記号


同じCでも、C0という記号は

虫歯になりそう、あるいは虫歯になりかけている歯です。


気を付けないと虫歯になる可能性が高いけど、
気を付ければ虫歯の進行を食い止められる歯です。


【○】治療済の記号

虫歯の治療が終わっている歯です。

【×】抜く必要がある歯の記号

抜いたほうがいいかもしれない乳歯。


*要注意乳歯と書かれている場合は
 永久歯の歯並びに悪影響を及ぼしそうな乳歯です。


そのまま見守った方が良いのか?
それとも抜いてしまった方が良いのか?

場合によってはレントゲン検査で判断する必要もあります。


歯医者さんに行って判断してもらうのが無難です。

既に歯がない場合もこの記号になります。

 

【△】無くなっている永久歯

△は、永久歯の喪失歯(無くなってしまった歯)です。

【G】歯肉炎

*歯肉に炎症があると書かれている場合がこれです。

これにも段階があります。

・GO

この場合は比較的軽度の炎症なので歯磨きのブラッシングを

注意深く行う事で炎症の症状が改善されるぐらいの状況です。 

 

・G1、G2

歯医者での診断と治療が必要とされるレベルの歯肉炎です。


「大人じゃあるまいし、子供が歯肉炎になるの?」

そう思うかもしれませんが、現実にあるようです。


子供の場合、大人の歯槽膿漏のように重症なものではなく
歯医者での歯石洗浄や歯磨き指導によって
比較的短期で治るようです。

ただ、放置してしまうと重症化する危険性もあるので
歯医者には連れて行って下さいね。

 

【M】歯並びが悪い

*歯並びが悪いと書かれています。

単に歯並びが悪いと言っても色々な種類があります。

・乱交歯

本来、歯が生えてくる場所から生えてこない為
歯並びがデコボコに並んでいる状態です。

八重歯などもコレにあたります。

・出っ歯

コレは説明の必要ないかもしれませんが
上の歯が前に出ている状態の事です。

上下の歯に8ミリ以上の前後差があると出っ歯とされます。

・受け口

通常の?み合わせは上の歯が前になりますよね。

コレが逆になっている場合の事で
下の歯が3本以上前になってしまうと受け口とされます。

・開咬(かいこう)

噛み合わせが悪くて、口を閉じても上下の歯が接触しない状態の事です。

食べ物を噛み切れなかったり、活舌が悪くなったりもします。

これらの場合はすべて歯医者での矯正治療が必要になるので
出来るだけ早めに歯医者さんに連れて行ってあげて下さい。


歯というのは、これから先の人生で非常に長い付き合いになります。

せめて、親の目の届くうちは健康な歯でいさせてあげたいですよね。


最近はお子さんの虫歯予防の意識が高い親御さんが多いので
昔と比べたら子供の虫歯は減っています。

だからこそ、自分のお子さんが虫歯になると
親として恥ずかしい・・・

そんな風に感じる方も少なくありません。

逆に、自分の子供が虫歯がないからといって
虫歯がある子の親を陰で批判するような人もいるようですw

怖い世の中になりましたね・・・(汗)


だからこそ、
子供の為に開発された虫歯菌を退治出来る歯磨き粉
人気なのかもしれません。


詳しい事を知りたい場合は

コチラからご覧になってみて下さい⇒

 

 

 

 - 小学生(永久歯)の虫歯予防, 虫歯対策