子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

【予防歯科】その費用は?保険は適用になるの?

   

テレビのカンブリア宮殿で日本で最も有名な予防歯科の先生、

熊谷崇先生が紹介されました。

【スポンサーリンク】

その影響で予防歯科を知った方や、知っていたけど興味を持ったという方も少なくありません。

そこで、予防歯科について詳しくお伝えしたいと思います。

予防歯科とは?

そもそも予防歯科とは、虫歯を治療する事はもちろんですが、

それ以上に虫歯にならないように予防する事に重きをおいた考え方をしている歯科医の事です。


どんなに丁寧に歯磨きをしても歯垢を落とせるのは60%!


虫歯予防に最も大切なのが歯磨きである事に間違いはないのですが、

現実問題として歯垢を100%落とす事は不可能です。


どれだけ丁寧に歯磨きをしても歯ブラシで60%、

フロス(糸ようじ)を使っても80%程度が限界です。


磨き残しは毎回同じような場所に起こる可能性が高く、

そこから虫歯になります。


歯石になったら歯ブラシでは落とせない!

歯磨きで落としきれなかった汚れは約24時間程度で歯垢になります。

そして歯垢になってさらに24時間後には歯石となってしまうのです。

歯石になってしまうと歯ブラシで落とすことはもう出来ません。


そこから虫歯になる前に歯医者さんでクリーニングして落としてもらう必要があります。


でも、予防歯科って治療じゃないから保険適用にならないのでは?

保険適用にならないと費用が高いだろうなぁ・・・

あんたは、そんな不安を感じでいるかもしれません。

では、予防歯科の一般的な費用についてお知らせいたします。


・予防歯科の費用

3ヵ月以上の期間が開いている場合は予防でも保険診療になります。

その場合の費用は2,500円から3,000円程度です。


ただし、毎月行こうとかすると話は別です。

3カ月以内の場合は一般的には保険適用にならないので自費診療になります。

その際の費用は5,000円から20,000円程度かかるので結構な金額ですね。


きちんと歯磨きが出来ていないとあっという間に歯石になってしまいますから

毎月でもお子さんを連れて行きたいと思うかもしれませんが、

さすがに金銭的に厳しいですよねw

 

そもそも、あなたが虫歯予防に気をつけていれば

お子さんの予防歯科は3ヵ月1回行ければ十分です。


ですので、予防歯科は3ヵ月に一度のペースと考えて、

それ以外の虫歯予防法をしっかりしておく事をお薦め致します。


子供の虫歯予防の方法まとめはコチラの記事です⇒

 

 

【スポンサーリンク】

 - 予防歯科