子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

子供が虫歯にならない方法

      2015/11/04

 

大切な我が子を虫歯にしない!

笑顔

虫歯にならない方法とは?

 

大切な我が子を虫歯菌にしない為には、

まず虫歯菌に感染させない事が最重要事項です。


虫歯菌が口の中にいなければ虫歯にはなりませんからね。


でも、これを100%完璧に出来るかというと現実的には難しいです。


子供と接するのはあなただけではありませんからね・・・


旦那さんや祖父母、友人、他


子供と接するすべての人の行動をいちいちチェックして、

その行動を阻止していたら、あなた自身の人間関係が崩れてしまう可能性だって

ありますよね。むしろ、その可能性の方が高いかもしれません。

【スポンサーリンク】

 

虫歯菌に感染させないのが虫歯予防に一番良い事は間違いありませんが、

あまり神経質になりすぎると、あなた自身がストレスで参ってしまいます。


虫歯菌に感染したからといって、確実に虫歯になるわけではありません。


ですので、それ以外の対策も知っておきましょう。


・ちゃんと歯磨きをして歯垢を落とす。


歯磨きを嫌がる子供は少なくありません。

泣きわめくから可哀想とか、面倒だからといってきちんと歯磨きせず

歯垢が残ってしまうと、虫歯になる確率が上がります。


虫歯菌の住みかは歯垢です。

つまり歯垢が多いほど虫歯菌も多いという事。

 

たくさんの虫歯菌が食事のたびに大量の酸を出すため、

唾液で歯を再生する(再石灰化)のが追い付かずに虫歯になります。

ですので、歯磨きはしっかりやりましょう。

 

・間食は出来るだけ避ける。


食事をするたびに虫歯菌は酸を出します。

つまり、間食をすれば酸が出る回数も多くなりますね。

回数が多ければ多いほど、唾液が酸を中和したり再石灰化する

時間が足りなくなります。


唾液で歯を守る速度よりも、虫歯菌が酸で歯を溶かす速度の方が

早くなってしまうので、間食は出来るだけ避けましょう。

 

・糖質は出来るだけ押さえよう。


虫歯菌が酸を作るのに最も欲するのは食べ物に含まれる糖質です。

糖質というと砂糖やチョコレートなどの甘い物を想像したかもしれません。


もちろん、それらもそうであることに間違いないのですが、

ご飯や麺類、パンなどの小麦粉製品にも多く含まれています。


あと、ジュースとかもそうですね。


子供が大好きな物ばかりですし、ご飯などの主食は食べないわけにいきません。


ですので、控えるというのは無理ですが、おやつやジュースなどは

出来るだけ甘いものを少なくするといった事はしてみる事をお薦めします。

 

生活の中で気を付けるのはそういった点です。

他にも外的な方法で虫歯対策として良いと言われているものも

ありますね。


たとえば、フッ素やシーラント、キシリトールなど。


確かに、それぞれ虫歯予防に有効な手段ですがデメリットもある事も

知っておいた方が良いです。

そして、

 

誰もが使っている歯磨き粉だって実は危険だったりします。

 


「えっ?歯磨き粉が危険だなんて知らなかった!」

そう思ったあなたはコチラの記事をご覧になってみて下さい。

 

歯磨き粉に含まれる危険な成分>>>

 

【スポンサーリンク】

 - 虫歯の原因, 虫歯対策