子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

虫歯菌がうつるのは何歳まで?

      2016/12/04

虫歯菌がうつらないように気を付けるのは何歳まで?


虫歯菌は、歯の生えていない赤ちゃんにはうつりません。


歯の生え始める生後半年から2歳半ぐらいまでが

最も注意が必要というお話を前の記事でさせていただきました。

では、虫歯菌がうつるのは何歳までなのでしょうか?

アーン


結論から言います!


何歳でもうつります。

 

これから先、ずっと子供に虫歯菌がうつらないように

気を使い続けなければいけないのか・・・


そう思ってがっかりしたかもしれません。


現実問題、幼稚園や小学校に入ったりしたら、

親がそこまで関与できません。

 

子供に虫歯菌がうつる事は避けられない・・・

これが現実です。

 

じゃあ、一生懸命に気を使って虫歯菌の感染予防をしても意味ないのでは?


そう思ったとしたら、それは違います。

女の子


虫歯菌に感染するのが遅いほど、大人になってからも虫歯になりにくい!

例えば、1歳で虫歯菌に感染した子供と、3歳で感染した子供では

大きくなってから虫歯になる確率が全く違います。

 

これは歯が強く成長する前に感染するか、強くなってから感染するかの違いです。


2歳半までに虫歯菌に感染しなければ、その後感染したとしても

虫歯になる確率が非常に低いのです。


色々と気を使って大変だと思いますが、

2歳半まではお子様の為に頑張ってみてください。

 

その為に、一番するべき事は親であるあなたから虫歯菌をうつさない事です。

あなたの口の中の虫歯菌を退治して、お子さんに虫歯菌をうつさないようにする事をお薦めします。

虫歯菌を退治する歯磨き粉を使うというのも一つの手段ですね^^

虫歯菌を退治する歯磨き粉について詳しくはこちらです⇒

 

虫歯菌に感染してしまったとしても!


虫歯菌に感染してしまったからといっても、諦めないで下さいね。


虫歯菌がうつったからといって虫歯になるとは限りません。


虫歯になる原因のひとつが虫歯菌だというだけで、


それ以外の要素が合わさってはじめて虫歯になるからです。

詳しくはコチラの⇒虫歯になる原因は?で書いていますが、

最近では虫歯菌に感染してもそれを退治する事が可能になりました。

 

それについて詳しくはコチラで書いてます。

⇒虫歯菌を退治すると評判のブリアンという子供用歯磨き粉について



 - 虫歯の原因