子供の虫歯予防まとめ

子供の虫歯予防方法は色々あります。でも、健康に害のある虫歯対策も実はたくさんあります。正しい知識を身に付けて大切なお子さんの歯と健康を守りましょう

*

【フッ素の効果は?】子供の歯に塗布した方が良いの?

      2015/11/04

歯医者さんでフッ素塗布する効果とは?


虫歯対策のひとつにフッ素塗布があります。

歯医者さんで歯にフッ素を塗ってもらう事ですね。


子供の虫歯予防の方法としてフッ素は最もポピュラーかもしれません。


では、フッ素とはどういう虫歯予防効果があるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

フッ素の効果は?

・歯にたまった歯垢の中にいる細菌の活動を抑える。


歯垢の中にいる細菌は主に糖質で、コレが虫歯菌のえさになります。

虫歯菌が糖質をえさにして酸を出し歯を溶かすのが虫歯です。

そのため、口の中にフッ素が存在すると虫歯菌が酸を出すのを減少させる効果があるのです。

 

・虫歯菌に溶かされた歯を修復する。


虫歯菌の出す酸によって溶かされた歯の表面にあるエナメル質を修復します。

エナメル質とは歯の表面を覆っている部分で、ここに神経はないので虫歯になっても痛くありません。

ですので、エナメル質が溶けた程度も虫歯であればコレで解決出来たりします。


フッ素が特別に凄いように感じてしまうかもしれませんが

実際、そういった成分は唾液の中にも含まれています。

 

・歯質を強化する。


歯の表面にあるエナメル質は虫歯菌の出す酸に弱く壊れやすいのですが、

フッ素を塗る事によって強化されます。

その為、虫歯になりにくくなるという効果も期待できます。


子供の歯はまだ弱いですから、歯を強化出来るというメリット

子供の虫歯予防に効果的と言われているんですね。

【スポンサーリンク】

フッ素塗布の際の注意点

・フッ素を塗った後30分以内は、飲食は控えて下さい。

フッ素は歯に塗った後、じわじわと歯の中に浸透していきます。

浸透するまでに最低30分ぐらいは必要なので、

せっかく塗ったフッ素が浸透する前に流れてしまわないようにする必要があります。

 

・フッ素を塗ったからといって安心しない!

フッ素を塗れば大丈夫と過信する事により、歯みがきを軽く考える人もいます。

歯を強化するといっても、それだけで虫歯にならないというわけではありません。

子供に歯磨きをされる事はもちろん、あなたが仕上げ磨きを怠る事が無いように注意して下さい。

 

・いつまでも効果が続くわけではない。

フッ素塗布の効果は約3カ月程度が目安です。

ですので、3ケ月程度に1回は塗布する事をお薦めします。

これだけフッ素についての効果をあげると、

子供の虫歯予防に欠かせない素晴らしいもののような印象を与えたかもしれません。

 

ですが、メリットばかりではない事も知っておいて下さい。


フッ素にはデメリットもあります。

それはこちらの記事をご覧ください。

フッ素塗布の危険性>>>

 

【スポンサーリンク】

 - フッ素塗布